年代で化粧水を使い分けてエイジングケアにチャレンジ

subpage01

エイジングケアと言うと特別なスキンケアアイテムを利用するものというイメージがありますが、化粧水を上手に使い分けることで簡単にチャレンジすることができます。その場合、化粧水に配合されている美容成分を確認することが重要なポイントになってきます。


さらに年代にあわせて美容成分を使いこなすことで、肌トラブルが起こりにくい状態にできるのでおすすめです。
10代20代ではシミ予防ができる美白化粧水を使ってエイジングケアをしてみましょう。
アルブチンやトラネキサム酸などの美白成分は、メラニン色素の生成を抑制する働きがあります。
ですので肌を黒くする要因を減らすことができるので、シミやソバカスができにくくなるのが魅力です。30代からは肌の保湿成分の現象が目立ちやすくなってくるので、保湿化粧水でエイジングケアするのがおすすめです。

保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、それぞれ性質が変わってくるので1つの種類にこだわるのではなく、多くの種類を補うようにしてみましょう。

化粧水のエイジングケアの情報を確認できるサイトです。

目元や頬のシミやソバカスは、40代から気になる人が多くなるトラブルです。



これらのケアにはビタミンC誘導体配合の化粧水が最適です。


ビタミンC誘導体はメラニン色素を還元する働きがあるからです。
肌のくすみや弾力の低下をエイジングケアしたい人は、プラセンタエキスで肌のターンオーバーを促すのがおすすめです。

古くなった角質を取り除き、健康的な肌質に変えることができるので、肌質をトータル的にケアできるのが特徴です。